Darren photo3143.jpg

Darren Hindley

I am a British expat living in Tokyo, Japan since 1989.

I have long had an admiration and appreciation of the portrait and fashion photography of Cecil Beaton and of Horst P. Horst together with the street photography of Brassaï.

It was, however, a 2013 retrospective exhibition of the work of Erwin Blumenfeld that provided the positive motivation to take my own photographic experience to a new level.

My immediate ever-changing urban environment was a ready source of subject material, providing the opportunity to capture images of the past before being lost to new development - derelict and forgotten buildings, often makeshift at best, from the immediate post-war period, hidden alleyways, the survivors from another age, together with the casual discards of daily life. 

This website is a showcase for my photos and a record of my development as I learn and experiment with the many facets of the art of photography.

 

 私は、長年、セシル・ビートンやホルスト・P・ホルストの ポートレートやファッション写真、ブラッシャイの街頭写真といった 作品を感嘆の念を抱きつつ観賞してきた。 

しかし、2013年に開催されたアーウィン・ブルーメンフェルドの回顧展を観た私は、私自身の写真経験を新たなレベルに高めたいという強い思いにとらわれた。

 私の周りの刻々と変わっていく都会の風景は身近な被写体であり、新たな開発により消え去る前の「過去」の姿を捉える機会を与えてくれる‐それらの廃墟や忘れ去られた建物は、しばしば間に合わせで作られたような代物であり、終戦直後から現在まで残り、路地裏に隠れ、そして別の時代からの生き残り無雑作に捨てられたものである。

ここに収められた映像は、そのように私の目を捉えつつも、時の流れと共にすぐに消え去ってしまうであろう多くの場所や物の一群を記録したものである。

email: hindley@tkc.att.ne.jp